睡眠時無呼吸症候群(SAS)

詳細はただいま準備中です。

睡眠時無呼吸症候群とは眠っている間に呼吸が止まる病気です。きちんと睡眠を取れていないことなどにより、体がじわじわと侵され、高血圧症や心疾患など生活習慣病になったり、昼間の眠気により、労働災害や交通事故を起こしたりします。

睡眠時無呼吸症候群の方は、健康な方と比較して高血圧を発症する割合は2倍、狭心症・心筋梗塞は3倍、脳血管障害は4倍、糖尿病は1.5倍になると言われています。また、高脂血症・高尿酸血症の合併も多いことが分ってきています。アメリカでは、睡眠1時間あたり20回以上無呼吸がある方は無治療のまま放置すると、9年後には10人のうち4人は心臓病・脳血管障害・交通事故などで亡くなっていたという報告もあります。

降圧薬を内服しても血圧が下がらない、いびきをかいている、日中の眠気、睡眠中の無呼吸、起床時の頭痛、口の渇き、熟眠感がない、集中力の低下、朝方の胸やけ、夜間寝苦しくて目が覚める、睡眠中の体動が多い、夜間頻回にトイレに起きる等の症状がある方は、睡眠時無呼吸症候の可能性があります。当院では、簡易型終夜睡眠時ポリグラフィーの検査を行っています。検査機器を貸出し、ご自宅で検査して頂けます。診察時にご相談下さい。

下記の症状がある方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。一度ご相談下さい。

  • お薬を飲んでも血圧が高い
  • いびき
  • 日中の眠気
  • 朝方の胸やけ
  • 睡眠中の無呼吸
  • 起床時の頭痛
  • 口の渇き
  • 熟眠感がない
  • 集中力の低下
  • 夜間寝苦しくて目が覚める
  • 睡眠中の体動が多い
  • 夜間頻回にトイレに行く

津市にて内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科を診療する「あらき内科クリニック」をご案内します。

モバイルサイト

http://www.arakinaika-clinic.com/

モバイルサイトはこちらのQRコードをご利用ください。

文字サイズ